アルコールをやめられなくて離婚しました

私は会社員の50代男性です、私の離婚の原因はアルコールをやめられない事です。元女房には、再三注意されたアルコールなのですが飲むと暴れてクセが悪いのです。そして、最後には出て行って離婚になってしまいました。

離婚の直接原因は、私のアルコール依存症に近い症状です。診断をした結果は依存症ではなかったのですが、飲むと意識がなく暴言と暴力をしてしまう点です。若い時から注意されていた事なのですが、なかなか自分でも甘く考えていて直していませんでした。

離婚する一年前から職場がヒマになったので、家で飲む機会が増えたのです。つまみが少ない事や、元女房が飲み方に口出しをする事に愚痴を沢山言ったと思います。

また、ヒマになった仕事への不満が爆発していた時期でした。そのせいで元女房の堪忍袋の緒が切れて、元女房は実家に帰ってしまったのです。私は飲酒をやめる宣言をして手紙を書きました。

しかし、読んではくれるものの義兄夫婦からの連絡のみで元女房から連絡はなかったのです。その後、私は自棄になったところで飲酒を再開してしまい、それを元女房に知られてしまいました。

元女房も別居をすれば改心すると思っていたと聞きましたが、ここで私への三行半になりました。ここからは、元女房が離婚に向けて走り始めたのです。私は元女房の言い分を殆ど認める形となって、一年後に離婚の判子を捺しました。

財産は三分の二が私で、三分の一が元女房です。子供達の親権は私ですが、そろそろ成人するとの事で養育費は月に4万程度でした。他には共有するものが少なかった為に、殆どが軽い話し合いで済ませられたのが良かった方だと思います。

私はあれからアルコールを口にしていません。人間が変わったように仕事に精を出しています。しかし、失ってから初めて気付く事もあるので離婚が私の寿命を延ばしてくれたのかも知れません。

ただ、やはり家に戻ると電気も点いていない生活なので離婚をしみじみ味わう生活です。

妻が上司と浮気したのが離婚の原因でした

結婚して6年、妻に浮気をされ離婚しました。

子供がまだ授からなかったので、仕事もお互いに自由気ままにしていたのも原因です。ただ、信じていた人を失ったのは悲しかったです。

離婚が発覚したのは、部屋の様子がおかしかったからです。何かが増えたり減ったりしたのではなく、誰かが居た痕跡がありました。私の家では誰も煙草を吸わないのに、タバコの匂いが残っていたり、吸殻を発見したりしたのです。

当時の妻に聞いても「営業さんが来ただけよ」と言っていたので信じてました。ですが、おかしいと思い追求した結果「上司が来た」と告白したのです。この当時の妻の上司は、一時的に当時の妻と恋愛関係にあった人だと聞かされていました。

ゴミ箱には使用済みの避妊具が出てきたので完全に言い訳が出来ませんでした。ここから私は弁護士を雇って離婚できるようにお願いしました。

まずは証拠として、当時の妻の証言や当時の妻の上司への面会で証言を残したのです。それを内容証明にして、当時の妻の上司の家に送りました。やがて、上司の奥さんから私に連絡が入り弁護士を交えて面会したのです。

そこで、私は当時の妻と上司に対して慰謝料を請求しました。また、上司の奥さんも上司と当時の妻に対して慰謝料を請求。浮気が発覚して、4週間ほどの速さでした。

結局、離婚届を提出したのは2か月後でした。話は決まったのですが、なかなか当時の妻は出て行きませんでしたね。「行くところが無い」と言っていましたが、それには私もどうする事も出来なかったです。

当時の妻を義理の両親に引き取ってもらって家を処分しました。慰謝料も完全に振り込まれた時点で、離婚届を提出したのです。また、当時の妻の上司と奥さんの間も離婚が決まったようでした。

一気に二つの家庭を壊すほど浮気の恐ろしさが伝わってきます。不貞は根本から信用を失くしてしまいます。苦しんでる人がいたら、離婚する事をお勧めしたいと思います。それが穏やかに暮らす唯一の方法なのです。

新居までたてたのに…

以前離婚したときの話です。もう何年も前のことになりました。

私と妻の間には小学一年生になる一人娘がいて、一年生になったのを機に新居を建てました。

しかしながらその時点で夫婦仲は最悪。特に妻は私の実家との折り合いが悪くて年一度の帰省は私だけとなっていました。また私も妻も働いていましたが、家庭内のことは全て妻任せにしていたことも、夫婦仲に亀裂を入れていたように思います。

とはいえもちろん収入は私の方が多いですし、妻の言い分に対しては時には怒鳴りつけたりすることもありました。正直なところ、いつまでもガタガタとうるさく言う妻を黙らせたいという気持ちが、夫婦仲が悪いにも関わらず、新居建築をすすめた理由のひとつだったかもしれません。

新居が完成し一年ほどの間、妻はおとなしく私の言うことを聞いていました。

やっと妻としての立場がわかったのかと、大きな態度をとっていたのもいなめません。しかし、ある日妻は弁護士とともにガチガチに武装をして、離婚を突き付けてきたのです。

離婚原因は私のDVとモラルハラスメント。弁護士の方に冷静にこれまでの所業を説明され反論することはできませんでした。結局離婚の条件として新居を元嫁と娘に渡し私がローンを払い続けることに。また別に養育費の支払いもありました。

現在まで何度かお付き合いをすることもありますが、やはりローンと養育費の支払いがあるとなかな続きませんね。これから結婚できるとも思わないようにしています。

やっぱり子供のことが最後まで引っかかりました

私は、妻の浮気が原因で離婚に至りました。

まったく考えもしなかったことだったのですが、原因として考えられるのは、私が妻の気持ちをあまり考えなくなってしまったことではないでしょうか。

浮気に対する怒りはありますが、それをさせたきっかけが自分にあるかと思うと、怒るにも怒れないというのが本音です。

結局は、修復には至らず、離婚したほうが互いのためだとの結論に。

ただ、やはり子供のことが最後まで引っかかり、どうにかして修復して元に戻れればと考えました。子供がこれからどれだけ辛い思いをするかと考えましたが、はっきり言ってわかりません。

ただ、自分が子供の頃から辿ってきた家族団らんの時間は、与えられないのです。

それを考えるだけでもとっても苦しくなりました。

私の場合は、子育てのことや妻の社会的制裁を軽減するために、家族から自分が離れることを決めました。

どちらが悪いということもありますが、男が子供を育てるには、難しい問題が付きまといます。

結局は、経済的に支援することで私が離れ、妻に子供を預けることで落ち着きました、これが子供にとって一番負担が少ないのではないかと。

年齢のことも考えれば、妻が再婚しても新しい子供ができるのも簡単ではないですし、これからのことを考えれば、男である私が子供から離れるほうが互いのためなのかもしれません。

一般的に見れば妻に非があると思いますが、子供のことを中心に考えて、男が引いて経済的に支援するべきと思います。

ケースにもよりますが、男がいかに元妻と子供を外から支援できるか。それが離婚の現実なのではないかと感じています。

家庭内暴力(DV)の末に

離婚は一度経験をしています。原因は私の家庭内暴力(DV)です。

わたしはもともと精神的に不安定なところがあり、自営業で一緒に仕事をしていた家族との関係もよくありませんでした。

けれど元妻はそんな僕の家に嫁いでくれて、家族の関係を少しでも良くしようといつも明るく振舞っていてくれたんです。私はそれまでも付き合っていた女性にDVをしたことがあります。

けれど、こんなに一生懸命私や私の家族のために頑張ってくれている元妻にDVをするのは避けたいと思っていました。

それでもイラ立ちがどうしても抑えきれないそんな時に壁を殴りつけたり、椅子を投げつけたりして(もちろん元妻には当たらないようにですが)ストレスを発散しました。私としては最大限に元妻に配慮し、努力をした結果ですが

それでもDVはDV。普通でなかったということは当時も今もよくわかっています。
流行のでっち上げDVではなく本当のDVでしたから。

いつも笑顔でいてくれた元妻でしたが、ちょっと実家に帰ってくるね、ということが増えてきました。

寛大な夫でいたかったので、最初はいいよと言っていたのですが、実家に妻が帰ってくる度にDVの跡が増えているのは明確。とうとう、元妻の両親から連絡がきて

『娘から初めて話を聞いた。君は一体何を考えているんだ』と言われてしまったんです。

『娘は離婚したいと言っている』とも。その後の離婚話は全て家以外の場所で、妻の姿は一度もなく妻の両親と進められました。別れてくれたら慰謝料もいらない。養育費もいらないとのこと。

娘は深く傷ついていて、君にはもう絶対に会わせられないと言われたのが今も胸に突き刺さっています。

辛い離婚はもうこりごり

好きになった人とお付き合いをして、その後、進展していけば結婚をすることになると思います。

しかし、誰もがみんなうまく言っているといえばそうではありません。一緒に生活をしている中で我慢をしている人の方が、多いのではないでしょうか。

自分も我慢の限界から離婚をしたことがありますが、とても辛かったのを覚えています。

離婚の原因は相手のDVと浮気でした。DVと一言でいっても、ものを投げてきたり包丁を持つ出したりと散々でした。

付き合っているときにはそんなことはなかったのですが、結婚をして数ヶ月したら、豹変してしまいました。ただ、そのときには離婚のことは考えていませんでした。

離婚を考え出したのは、相手が浮気をしてしまったときです。

すぐに離婚と言うわけではありませんが、浮気を続けるなら別れようとは思っていました。浮気をしてそれがばれてから2ヶ月くらいは音沙汰がなかったのですが、それからは、浮気はしないでも、自分に当たるようになったのです。

その結果、毎日のように喧嘩をしていました。

内心は仲良くしたいと思っても、悪口を言ってくるので、自分も収まりが付かなくなり、お互いに大きな声で喧嘩をしていました。喧嘩が続くと、その後にはすぐに実家に帰ってしまったりしていました。

そんなに酷くない喧嘩であっても、自分がお風呂に入っているときにいなくなったりしていたので、これはダメだと思い、離婚をすることにしました。

この騒動の中で、一番辛かったのは、別れたくもない相手と仕方なく別れることでした。何か問題があってはいけないと、自分の親戚に頼んで証人になってもらったり、周りの人にも迷惑をかけてしまったので、今後はこのようなことがないようにしたいです。

いきなり妻から離婚を切り出された

離婚をするときというのは、男性から切り出す場合、女性から切り出す場合とあります。

女性から突然離婚を切り出された場合、自分でも何が理由でそうなってしまったのか分からない男性も少なくないそうです。

私の友人が、そうでした。
突然、妻から離婚を切り出されたのです。

理由を尋ねると、自分(男性)の普段の生活態度に嫌気がさしたと言う曖昧な理由でした。しかし、友人はそんな理由だけでは納得できませんでした。子供も二人いましたから、子供のために、妻が嫌だと言う部分を直していくから離婚をもう一度考えてくれとお願いしたそうです。

しかし妻の意志は固く、裁判をしてまで離婚をするということになりました。

一番の問題は、子供についてです。友人は、子供が大好きで、子供のために仕事をしていると言ってもいいくらいでしたので、親権や養育権などを放棄するつもりはなかったのです。

しかし、妻側も、親権も養育権も譲りませんでした。妻は、高校を卒業してすぐに結婚をしました、子供もすぐに生まれたので、主婦業をしながら子育てをしていたので、金銭面では、子供を育てていくのは大変だということでした。しかし、裁判では、親権、養育権ともに、妻が持つことになりました。

旦那は、子供が成人するまで養育費を一定額支払うことで合意しました。しかし、それを元妻が再婚をしたら、支払いをしなくていいことになりました。それからすぐに妻は、友人と結婚する前の元旦那の子供を妊娠し、出産しました。結婚をするものだと思っていた友人ですが、彼女は、その男性とは結婚はしないそうです。

結婚しない理由は、上二人の子供の養育費を支払ってもらうためだとか。

それを、知った友人は、人間不信になり、体調を崩してしまいました。可愛い子供のため、今でも養育費はしっかり支払っているそうですけど、、もう結婚はこりごりだと言っていました。

離婚を切り出したら妻過呼吸

その日、私から離婚を切り出しました。

結婚生活の中で別居などもあり、前触れがなかったわけではないのですが、はっきりと私が切り出したことで妻は激しく動揺し過呼吸に。

当時お互いが20代で、私は妻の激しい呼吸と苦しそうな姿に、とても焦ってしまい救急車を呼んでしまいました。このときの判断が良かったかどうかは分かりませんが、病院につき無事を確認しました。そして面会をしようとしたのですが、妻が会うのを拒否するという事態に。離婚は結婚の3倍苦労すると聞いたことがありますが、こういうことかなとそのとき少しその言葉が頭をよぎりました。

結局妻は病院から自宅へ直行・・・

離婚の話が先に進まないまま何日か経ちましたが、お互いに会う時間を作って話を進めていきました。

お互いが思い合い結婚して離婚に至ってしまうのは、どちらともに多少なりとの原因があると思います。

私の場合、自分から離婚を切り出したわけですが、とても我慢できないことが2つあり離婚を決意したのです。

1つは借金。生活費が足りないからと相談ナシに借り入れ。

もう1つは不倫。これはとても残念でした。

まあ、よくある離婚の原因ではないでしょうか。

罪と罰というほどではないと思いますが、さすがにこれだけのことをしておいて、いざ離婚話で、泣きじゃくり過呼吸になるのにはビックリしました。

それまでの経緯でもちろん私にも原因があると思いますし、足りなかったことも多々あるとは思いますが、会話のなかでもっとお互いが分かり合えていたらなと・・・

結婚前にはわからない?彼女のある事情

友人から聞いた話です。

付き合ったきっかけは、女性の方から積極的に交際を申し込んできたらしく、それまで特に付き合った経験のなかった友人は言われるがままに付き合い始めました。

その女性は少し変わっていて、結婚を考えるのでなければ付き合ってる時間が無駄だという考えが強かったのもあり、あくまで結婚前提のお付き合いでしたが、友人はそんなものかなと深く考えず付き合って3年ほどで結婚しました。

問題は、暮らし始めた後でした。
女性の方が、夜の生活を断るようになってきたのです。

初婚同士でお互い仕事をしていたし、忙しかったり疲れている時にそんな気持ちにならないのは分かります。でも男にとっては気兼ねなく毎日でもできるのが結婚生活だと思う、そんな時期もありますよね。

そんな夢を描いていた友人が甘かったのでしょうか。

けれど、夫婦のコミュニケーションの手段にも大切なことです。それを断るということは、自分さえも受け入れたくないんだと友人は悩んでいたそうです。

そのうち、半月に一度、一年に一度とどんどん回数が減っていきました。直接女性に抗議して、そんなにしないのなら離婚すると、と改善案も訴えました。

さすがに離婚はしたくないらしく、しばらくは友人との夫婦生活を受け入れるようになりましたが、喉元すぎればなんとやらで、また忙しくなると知らん顔するようになりました。セックスレスが離婚の原因だなんて心配する親にもとうとう言えず、友人夫婦は離婚してしまいました。

なぜそこまで女性が夫婦生活を嫌がったのか、そして結婚にこだわるのか、今では知る由もないそうですが、付き合ってるうちに女性がセックスレスになるのが分かれば、結婚するにも慎重になったのでしょうが、結婚したらそんな風に変わってしまうなんて、付き合ってる時にはなかなか判断できませんよね。

次に結婚する時は、同棲とかして籍を入れずに頑張ってみたいと言っていました。

わざわざ不幸になるための結婚なんか、もうしたくないそうです。

着々と離婚準備をしていた妻からの離別宣言

離婚の危機にある友人の話ですが、いまだに離婚になる原因が分からないという根本的な所で悩んでいます。

彼はあるメーカーに勤める営業職のサラリーマンで、朝は7時頃には自宅を出て、夜自宅に戻るのは平均して23時頃という生活でした。

仕事は決して楽ではありませんでしたが、それなりのポジションも与えられ、やりがいも感じていたため満足していたようです。

週末の休みには自宅でごろごろする事も多かったらしいのですが、たまには子供と公園に行ったり、子供の習い後の発表会に行ったりと、自分なりにはできる範囲での子育てをしていたつもりだったようです。

奥さんとの関係は付き合い始めた当初のような気持ちは全くなくなったそうですが、それなりにうまく家庭は周っていると思い込んでいたのです。

ところが、子供が高校に入った時に妻から突然離婚を切り出されたそうです。

突然すぎて訳が分からずに奥さんと話し合おうとすると、いまさら話し合う事も無いという事で離婚届を置いて、子供を連れて出て行ってしまったという事でした。

自分はこれまで一所懸命働いてきて、ギャンブルなどもせず、当然暴力などふるったことも無いのに、どうして離婚という選択が出てくるのかと猛烈に腹が立ち、妻を放っておいたそうです。

しばらくすると妻の代理人という弁護士から離婚届にサインをするように言われ、拒否すると妻からの離婚理由について伝えられたそうです。妻いわく、モラハラが原因との事でした。全く身に覚えはなかったですが、これまでの夫婦の些細ないい合いで自分が発言した内容を妻は全て手帳につけており、それを証拠として提出したとのことでした。誤解している部分もあるし、自分の意図が伝わっていないと思い、妻と話し合いを希望したのですが、妻は一向に応じません。

しかし、電話でならと話をした所、妻はずっと1人で家庭を支えてきた事、大事な事を決める時に力になってくれなかった事、妻をバカにしていた事、生活の目処がついたのでこれからは1人でやっていく覚悟ができた事などを語ったそうです。

まさか妻がそんな風に感じてきて、ひそかにアルバイトの仕事から着実にキャリアアップして社員になっていた事すら、彼はほとんど知りませんでした。

ただ仕事を一生懸命にしていればいいという自分の親世代の価値観が通用しない事を痛感しているようです。

半年ほど粘り強く話合いを持とうとしていましたが、結局妻が折れる気配は無かったため、協議離婚に応じたそうです。慰謝料は無し。養育費は子供が大学を卒業するまで、自宅は売りに出すという事でした。

もう離婚から4年ほど経つようですが、彼は反省の日々でいつか復縁したいという思いを捨て切れていないようです。