でっち上げDVの対策

身に覚えのないでっち上げDVの対処法について

私は、30後半の会社員で、8歳の一人娘と、当時33歳の専業主婦の家内ががいました。元妻は、私に全く身に覚えのないでっち上げDVの話を持ちかけてきて、最初は、何の話かさっぱり判りませんでした。

そのでっち上げDVの内容とは、子供が出来てから、全く夜の夫婦生活が無くなり、妻に対して、私が無視をし続けている、ショッピングや、出かける事も制限されるし、威圧的な態度をとられると、怖くて話も出来ない、結婚生活で苦痛を感じるほどのDVを受けている、という内容です。自分では、そのように妻に思われていたことなど、全く気が付かなかったし、自分でも、相手にDV行為をしていたとは、思えませんでしたので、この話を聞いた時は、頭が真っ白になるくらい、訳が判らない状態でした。

妻と話し合いの時間を持とうとしても受け入れてもらえず、困った私は、友人に相談してみました。2人の友人に相談した所、夫婦の事は、二人で解決していった方が良い、という意見と、もしかしたら、でっち上げDVで奥さんが何が何でも離婚したいのではないか、というアドバイスをもらいました。自分としては、全くでっち上げDVなんて考え付きませんでしたので、これが本当の事なら、もう、夫婦関係の修復は出来ないだろうと思いました。

この話が出てから、お互いに家庭内別居状態が続き、このまま婚姻生活を続けていても、お互い意味もないし、子供がかわいそうだという気持ちになりました。

そこで、友人に紹介してもらった専門家である、弁護士の先生に相談した所、でっち上げDVの可能性が高く、最近は、良い条件で離婚したい為に、でっち上げDVで、離婚するカップルがとても多い事を知らされました。このような事が自分の身にまさか起こってしまうとは考えもしませんでしたが、やはり、でっち上げDVの話をされた時点で、修復不可能だと思いました。そこで、離婚するに当たり、3つの大きな条件をクリアしなければいけませんでした。

それは、財産分与や慰謝料と子供の親権、そして、養育費の問題です。私からすると、でっち上げDVで離婚する事になったのだから、慰謝料ももらいたい位の気持ちでした。けれども元妻からすると、結婚生活で、長年相手からのDVに耐えてきたのだから、当然、自分に有利な方向で離婚を進めて行く為に、お互いに弁護士を立てて、泥沼の離婚裁判が始まりました。たとえでっち上げDVが事実だとしても、でっち上げDVを証明する事は出来ませんので、ほぼ、相手の思惑通りに裁判の判決が下りました。