離婚

子供の教育が原因で離婚しました

私と妻(元妻)は、子供の教育を巡って家庭内で対立してしまいました。

婚姻期間は8年で、子供が生まれてから7年です。私ののびのびした育成方針と、妻の考えるエリート意識では大きく対立してしまいます。そこが離婚に向かって進んで行ったと考えられます。

まず、子供が生まれた時はお互いが幸せでした。ですが、4歳くらいの時に妻が受験を意識した生活に切り替えます。私は初めての子供だったので、ゆっくり育てたいと思てましたが、妻はそうではありませんでした。

近所で幼稚園の受験が始まると妻も子供にスパルタで教育し始めました。その頃から口論が多くなり、妻の完璧主義のような考え方に辟易していました。幼稚園は私の最終的な判断で公立に入れましたが、今度は小学校の入学に関しての受験を模索し始めたのです。

その理由が「近所の子で私立に入ろうとしている子がいるから負けられない」というくだらない理由でした。私は諌めて落ち着くように言いましたが、どうやらお母さん方の意地の張り合いが根底にあったようです。ですが、「親に恥を掻かせる子供は嫌い」と発言した事で、私と口論が再燃しました。

妻からは「離婚して私がこの子を育てたい」と申し出がありました。これは離婚する一年前の話です。その後、私はやり直せるように幾つかの提案をしましたが、私の存在が子供の向上心を妨げているという理由で否定され続けました。

離婚せずに再構築を模索していましたが、遂には私も心が折れてしまい離婚は承諾しました。ですが、今度は子供の親権を争う形になりました。その最中に子供が沢山暴れる事が多発したのです。専門の病院で調べてみると発達障害でした。

その事が分かると妻は子供から手を引き、離婚に無条件で応じる結果になりました。そして、今は私と両親と子供の4人で暮らしています。月に一度の面会にも来なくなりました。やはり、あの時に離婚に応じていて正解でした。もし、まだ離婚してなかったら子供への虐待が心配です。