Divorce

妻が上司と浮気したのが離婚の原因でした

結婚して6年、妻に浮気をされ離婚しました。

子供がまだ授からなかったので、仕事もお互いに自由気ままにしていたのも原因です。ただ、信じていた人を失ったのは悲しかったです。

離婚が発覚したのは、部屋の様子がおかしかったからです。何かが増えたり減ったりしたのではなく、誰かが居た痕跡がありました。私の家では誰も煙草を吸わないのに、タバコの匂いが残っていたり、吸殻を発見したりしたのです。

当時の妻に聞いても「営業さんが来ただけよ」と言っていたので信じてました。ですが、おかしいと思い追求した結果「上司が来た」と告白したのです。この当時の妻の上司は、一時的に当時の妻と恋愛関係にあった人だと聞かされていました。

ゴミ箱には使用済みの避妊具が出てきたので完全に言い訳が出来ませんでした。ここから私は弁護士を雇って離婚できるようにお願いしました。

まずは証拠として、当時の妻の証言や当時の妻の上司への面会で証言を残したのです。それを内容証明にして、当時の妻の上司の家に送りました。やがて、上司の奥さんから私に連絡が入り弁護士を交えて面会したのです。

そこで、私は当時の妻と上司に対して慰謝料を請求しました。また、上司の奥さんも上司と当時の妻に対して慰謝料を請求。浮気が発覚して、4週間ほどの速さでした。

結局、離婚届を提出したのは2か月後でした。話は決まったのですが、なかなか当時の妻は出て行きませんでしたね。「行くところが無い」と言っていましたが、それには私もどうする事も出来なかったです。

当時の妻を義理の両親に引き取ってもらって家を処分しました。慰謝料も完全に振り込まれた時点で、離婚届を提出したのです。また、当時の妻の上司と奥さんの間も離婚が決まったようでした。

一気に二つの家庭を壊すほど浮気の恐ろしさが伝わってきます。不貞は根本から信用を失くしてしまいます。苦しんでる人がいたら、離婚する事をお勧めしたいと思います。それが穏やかに暮らす唯一の方法なのです。