離婚

やっぱり子供のことが最後まで引っかかりました

私は、妻の浮気が原因で離婚に至りました。

まったく考えもしなかったことだったのですが、原因として考えられるのは、私が妻の気持ちをあまり考えなくなってしまったことではないでしょうか。

浮気に対する怒りはありますが、それをさせたきっかけが自分にあるかと思うと、怒るにも怒れないというのが本音です。

結局は、修復には至らず、離婚したほうが互いのためだとの結論に。

ただ、やはり子供のことが最後まで引っかかり、どうにかして修復して元に戻れればと考えました。子供がこれからどれだけ辛い思いをするかと考えましたが、はっきり言ってわかりません。

ただ、自分が子供の頃から辿ってきた家族団らんの時間は、与えられないのです。

それを考えるだけでもとっても苦しくなりました。

私の場合は、子育てのことや妻の社会的制裁を軽減するために、家族から自分が離れることを決めました。

どちらが悪いということもありますが、男が子供を育てるには、難しい問題が付きまといます。

結局は、経済的に支援することで私が離れ、妻に子供を預けることで落ち着きました、これが子供にとって一番負担が少ないのではないかと。

年齢のことも考えれば、妻が再婚しても新しい子供ができるのも簡単ではないですし、これからのことを考えれば、男である私が子供から離れるほうが互いのためなのかもしれません。

一般的に見れば妻に非があると思いますが、子供のことを中心に考えて、男が引いて経済的に支援するべきと思います。

ケースにもよりますが、男がいかに元妻と子供を外から支援できるか。それが離婚の現実なのではないかと感じています。