離婚

結婚前にはわからない?彼女のある事情

友人から聞いた話です。

付き合ったきっかけは、女性の方から積極的に交際を申し込んできたらしく、それまで特に付き合った経験のなかった友人は言われるがままに付き合い始めました。

その女性は少し変わっていて、結婚を考えるのでなければ付き合ってる時間が無駄だという考えが強かったのもあり、あくまで結婚前提のお付き合いでしたが、友人はそんなものかなと深く考えず付き合って3年ほどで結婚しました。

問題は、暮らし始めた後でした。
女性の方が、夜の生活を断るようになってきたのです。

初婚同士でお互い仕事をしていたし、忙しかったり疲れている時にそんな気持ちにならないのは分かります。でも男にとっては気兼ねなく毎日でもできるのが結婚生活だと思う、そんな時期もありますよね。

そんな夢を描いていた友人が甘かったのでしょうか。

けれど、夫婦のコミュニケーションの手段にも大切なことです。それを断るということは、自分さえも受け入れたくないんだと友人は悩んでいたそうです。

そのうち、半月に一度、一年に一度とどんどん回数が減っていきました。直接女性に抗議して、そんなにしないのなら離婚すると、と改善案も訴えました。

さすがに離婚はしたくないらしく、しばらくは友人との夫婦生活を受け入れるようになりましたが、喉元すぎればなんとやらで、また忙しくなると知らん顔するようになりました。セックスレスが離婚の原因だなんて心配する親にもとうとう言えず、友人夫婦は離婚してしまいました。

なぜそこまで女性が夫婦生活を嫌がったのか、そして結婚にこだわるのか、今では知る由もないそうですが、付き合ってるうちに女性がセックスレスになるのが分かれば、結婚するにも慎重になったのでしょうが、結婚したらそんな風に変わってしまうなんて、付き合ってる時にはなかなか判断できませんよね。

次に結婚する時は、同棲とかして籍を入れずに頑張ってみたいと言っていました。

わざわざ不幸になるための結婚なんか、もうしたくないそうです。